スポンサーサイト

  • 2015.05.06 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    矢嶋里美 退団のご報告

    • 2015.05.01 Friday
    • 16:50
    突然のご報告になりますが
    ホームページのトップページにありますとおり、
    この度21世紀ゲバゲバ舞踊団を退団いたしました。

    今日までの4年間、たくさんの方々に支えていただいた事、本当に感謝しています。
    また、メンバー、そしてスタッフに支えられ、おかげで様々な経験をする事ができました。

    今後、在団時より参加しておりました、珍しいキノコ舞踊団での活動を主軸にしてまいります。

    今後も舞踊団、そして舞踊団を離れます私も、それぞれにいろんな事に挑戦して行くと思います。
    21世紀ゲバゲバ舞踊団ともども応援していただけたら嬉しいです。

    これからも どうぞよろしくお願いいたします。

    矢嶋里美

    井上大輔 退団のご報告

    • 2015.03.01 Sunday
    • 21:18
    お久しぶりです。井上です。
    今日はご報告があり書き込みさせていただきます。

    タイトルにもある通り、2月をもちまして井上大輔は21世紀ゲバゲバ舞踊団を退団しました。
    いろんな理由がありますが、ブログでそれを説明するのはなんというか野暮です。
    これまで支えてくださった沢山の人に本当に感謝しております。また、ご迷惑ご心配かけてしまうであろうことも重々承知しております。
    ですが、舞踊団も私もこれからは時に競い合い、時に協力しながらこれまで以上によい関係を築いていけるよう努力していきます。
    どうか、今後も引き続き応援いただけたら幸いです。

    私自身はこれからは益々自身の作品創作に取りかかっていくつもりです。
    これからの私たちの活動を引き続き温かく見守っていただければ幸いです。

    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

    あけましておめでとうございます。

    • 2015.01.02 Friday
    • 00:28
    あけましておめでとうございます。井上です。
    昨年もゲバゲバは本当にたくさんの人にお世話になってきました。

    2014年のゲバゲバを総括していくと、、、

    2014年
    1月     「気づいたら、ダ」、「カウントアップ」 上演
    3月  パフォーマンスキッズ・トーキョー
       「ゲバゲバキッズ・トーキョー〜結成、21世紀コドモ舞踊団野方〜」上演
    7月  新作「解けましょう」 上演
    8月  パフォーマンスキッズ・トーキョー
       「ゲバゲバキッズ・トーキョー〜結成、21世紀コドモ舞踊団日野〜」上演
    9月  北九州芸術劇場ダンスダイヴウィーク「AT/AT(再演)」上演
    12月 「ゲバゲバの回03」 上演

    ざっくり言うとこんな感じでしょうか。
    ゲバゲバの活動を支えてくださっているたくさんの方々のおかげで無事に2014年も乗り切ることが出来ました。
    他にも小学校にワークショップ行かせてもらったりとたくさん仕事させていただきました。
    今年はどうなるんでしょうねぇ。。今年もきっといろいろあるでしょう。

    その第1弾が1月17日本番の「気づいたら、ダ2015」です。
    昨年の秋から参加者と着々とワークショップを積み重ねて一緒に創ってきた作品を上演します。
    学生からお兄様、お姉様。お坊さんからオーストラリア人まで。「気づいたら、ダ」の瞬間は国も職業も年齢も超えておとずれます。

    ぜひとも、ダの瞬間にお立ち会いください。

    そして、2015年もどうぞよろしくお願いいたします。







     

    名取稽古

    • 2014.12.05 Friday
    • 22:56
    こんにちは、井上です。
    すっかり書き込みご無沙汰してしまいましたが、無事に韓国から帰ってきました。
    来年には韓国の相棒が来日し、八戸・横浜にて作品を発表します。

    その前に来週開催の「ゲバゲバの回03」。
    私は名取秀樹作品『とうとう』に出演します。
    この作品は出演者にゲバから私と伊佐千明、そしてゲストとして藤井友美さんに参加してもらっています。
    そしてそして、邦楽のライブ演奏。
    今回のゲバゲバの回は今までよりも豪華になり、またゲバの新たな側面をお見せできる機会になるのではないかと感じています。

    今までゲバの活動でそれほど表舞台に出てこなかった名取秀樹ですが、彼は日本舞踊泉流家元としての大切な役割を担っていて、
    今回ようやく彼の振り付けるコンテンポラリーダンス作品を発表できる運びとなりました。
    日本舞踊とコンテンポラリーダンスは何が違うのだろうか。。。こんなこと真面目に考え出すときっとダンスはつまらなくなっていくのでしょうね。
    でも日本舞踊に立つ。コンテンポラリーダンスに立つというこのベクトルは確かに2本あるように思います。
    そういえば何年か前、「演劇でもダンスでもない」みたいな文句をよく見聞きしました。
    演劇でもダンスでもないといいはる人の表現っていったいどんなものでしょうね。 それが舞台でもお菓子でも洋服でも、作り手はとにかく自分の作りたいものを作るしかないんでしょう。
    その為に作り続けるとしか言いようの無い事を「もの作り」と言うんだなと考えます。

    本番までカウントダウンが始まってきました。
    最後まで、しっかりリハーサルしていきたいと思います。

    新鮮なゲバゲバの回03、どうぞお楽しみに。





     

    ゲバゲバ舞踊団としげやん!

    • 2014.12.02 Tuesday
    • 01:33
    私はお会いすると涙したくなる人がいる。感動からなのか、尊敬からなのか、でもそれともどこか違う感覚で・・・。
    相手が自分の目の前に立った途端に身体中の細胞が叫んでしまう。細胞がザザザっと呼応する。
     
    今回、振付家として関わっていただいている北村成美さん。私にとってまさにそんな方。
    今、最も尊敬している方に振付をしていただけるなんて、最高に幸せな機会。
    作品は『氾濫』というタイトル。
    決壊し、決壊し、氾濫へと向かい続ける35分間。

     
    今回の【ゲバゲバの回】では、
     舞踊団振付作品からは、
    北川結『ザインとゾレン』
    入手杏奈『入手杏奈日常2
    名取秀樹『とうとう』この3本。
    そして、スペシャルゲストとしてなにわのコリオグラファー北村成美振付による『氾濫』。
    合計4本の作品でお送り致します!
     

    是非、皆さま足をお運び下さい!!

                    辻田暁





    北村成美(ゲスト振付家)
    通称、なにわのコリオグラファー・しげやん。6歳よりバレエを始め、英国ラバンセンターにて学ぶ。「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」をモットーに、国内外でソロダンス作品を上演するほか、日本各地で大型コミュニティダンス作品を発表している。小・中・高校・特別支援学校・福祉施設はもちろん、運動場、居酒屋、ご家庭の居間、旅館、電車、船など、あらゆる場所を舞台に、その人とだから出来るダンスを踊る。劇団や舞踊団への振付、音楽家・美術家との共同製作も数多く手がけている。平成15年度大阪舞台芸術新人賞、平成22年度滋賀県文化奨励賞を受賞。

    ========================================================

    〈ゲ 03
     
    20141212()19:00

          13()16:00
    受付開始・開場は開演の30分前
     
    【会場】 SHIBAURA HOUSE 5階パードルーム http://www.shibaurahouse.jp
     
    【料金】   前売り2800円/当日券3000
    港区在住・在勤・在学の方は1000円でご覧頂けます。
    当日、証明書をお持ちください。
    未就学児のご入場はご遠慮ください。


    【ご予約・お問い合わせ】
    TEL 080-3559-4174(制作モチダ)
    FAX 045-330-5077
    MAL  ticket@gebageba21.com
    予約from(PC)  https://ticket.corich.jp/apply/60335/
    HP http://gebageba21.com/
    [メール・FAXでのご予約の場合]
    下記をお送りください
    お名前(よみがな)枚数電話番号FAXの方はFAX番号こちらからの返信をもってご予約完了となります。
    また、港区在住・在勤・在学の方はその旨もご記入ください。


     


     

    チメ

    • 2014.10.07 Tuesday
    • 23:03
    こんにちは、大輔です。

    マーカスとのルームシェア上手くいっています。そしてミナリハウスでの管理人や他滞在者との共同生活も楽しんでいます。
    こんなに楽しい思いをしていいのだろうかと考えてしまうくらい(言い過ぎかもしれませんが)楽しめています。
    チメとは、ビールとフライドチキンで楽しむ韓国流飲み会のこと。日本でいうところのビールと焼き鳥で乾杯です。
    宿舎の管理人が僕とマーカスとサンフンとを招待してくれました。
    コロンビア人で以前滞在していたK-POP大好き画家のアンドレアと管理人さんとその会社のボスと現在宿舎滞在中のホーシン・マーカス・サンフン・大輔でのチメでした。とても楽しかった。
    ドラゴンボールが世界的にどれほど有名かとか、シンガポールも韓国も日本も今経済格差が問題になっているとか、
    コンテンポラリーダンスについてとか、各国のアートを取り巻く環境とか、いろんな種類のマッコリを飲んだり、
    K-POPの話とか乾杯を各国の言葉で言ったりして、それはもう本当に楽しいチメ。

    一方でクリエーションで苦しむのは当然です。いつものこと。
    渡航前に受けた韓国人アーティストのワークショップ。今度韓国でクリエーションする旨伝えたら「韓国人はね、時々大変だけど気にしないで。」
    と言われました。多くの人からそう言われていたので心していましたが、どうやらサンフン氏にそういう感じは無い。
    僕のアイディアを楽しんでくれたり、行き詰まった時も頑固にならず必ず打開策を考える。僕自身とても勉強になっています。
    コンタクトインプロビゼーションがとても好きみたいで、そこは僕と考え方が全く違いますが今回はそれも楽しんでいます。

    そして毎朝宿舎の裏山をジョギングしています。走っているうちに隣駅まで行ってしまいました。
    今ではジョギングコースです。
    今日は裏山で朝ジョギングして夜はビールを飲みました。見事な満月。月があればそれだけでビールが美味しい。

    ところで、僕はホフェッシュ・シェクター・カンパニーのダンスが好きです。
    今回僕が関わっているSPAF(Soul Performing Arts Festival)ではそのホフェッシュシェクターカンパニーの新作「sun」が招聘されています。
    もちろん観劇します。そしてなんとワークショップもあるんです。
    もちろん受講します。

    というわけで、裏山(駱山ナクサン)から見た私が滞在している町の風景をご覧ください。遠くにうっすらみえるはソウルタワーです。



     

    さっそく

    • 2014.10.01 Wednesday
    • 21:00
    マーカス、早速部屋の鍵失くした。おっちょこちょいだろうか。

    彼はとてもファニーだ。なんだか愛らしい。繊細で愛らしい人は男性だろうが女性だろうが大好きだ。

    ラーメン作って彼の帰りを待っててあげようと思う。

    引っ越しました

    • 2014.10.01 Wednesday
    • 16:32
    こんにちは、大輔です。

    とうとう10月に入りました。私は今まで滞在していたヨンドンポを離れ、劇場近くのアーティストインレジデンス用の宿舎に引っ越しです。

    昨日知りました。なんと相部屋でござる。相部屋、、、
    今回のプロジェクトは私たちのチームと、もう1チームあり、【韓国–日本・韓国-シンガポール】の交流プロジェクトともなっているわけです。

    そのシンガポールから来たマーカスとこれから相部屋です。。。。
    マーカスとはヨンドンポ滞在時も部屋が隣で何度か会っていました。コミュニケーション不安でしたが今はいろいろつたない英語でやり取りしてます。

    彼の相棒はどうやら忙しいらしく、マーカスは1人で稽古場にいることが多いそう。孤独を感じているそうです。
    確かに、韓国組にしてみたら自国開催では自身の日常も変える必要がない。逆に僕やマーカスはこのプロジェクト以外にやる事無いから相方がいないと暇。
    マーカスも僕も1人のときも必ず稽古場に行きますがお互いの過ごし方は全然違う。僕はけっこう楽天的なところもあるから1人で大声で歌ったりしている。彼はPCとにらめっこ。
    明日は僕も彼も(彼は現在2〜3日1人稽古)1人稽古だから彼を少し手伝う事にした。与えられたこの1ヶ月、いろんなもの吸収したいとようやく思えた今日でした。

    相部屋も楽しくやろうと思います。
    ちなみにマーカス、イケメン。去年日本人と共同制作したらしく(僕もよく知るダンサーでした。)、彼女から与えられたニックネームはマルちゃん。

    だから僕もマルちゃんって呼んでみようと思います。
    一緒に頑張ろう、マルちゃん。ビールを買って待ってるよ。



     

    韓国について思った事

    • 2014.09.27 Saturday
    • 15:50
    韓国の中年以上の男性はがに股で歩く人が多い。そしてゆったりと歩く。威厳なのだろうか。やや興味ぶかい。
    そして年配男性では足を引きずって歩く人が多いように感じる。なぜだろう。仕事か、もしくは辛いもの食べ過ぎか。
    調べてみようと思う。
    韓国人は目上を敬う。地下鉄でも年配の方が来るとすぐ席を譲る。
    皆珈琲が好きらしい。コンビニでも珈琲がたくさん置いているけど甘いものばかり。そして少し高い。
    けれどもカフェはたくさんある。
    ポケットに手を突っ込んで歩いている人がいない。皆自信があるんだと思う。人としてか、男としてか。。。
    カップルはとてもいちゃいちゃしている。とてもいいと思う。

    私の宿舎のまわりは町工場だらけ。日中は働く人たちの姿が多くみられ、夜はまた少しいかがわしい雰囲気になる。
    近くに学校があり、朝になると子どもたちの声がギャーギャーと聞こえる。今は運動会の練習をしているっぽい。
    朝起きて、バルコニーで背伸びをして珈琲のんだりしてから稽古場に向かう生活です。

    劇場のある町は東京でいうところの下北沢かな。大小様々な劇場がたくさんあり、夜は舞台で賑わう。
    チケットボックスも随所にあり、ディスカウントして販売していたりする。とても舞台が盛んなまち。

    日本と同じお米文化だから有り難い。海苔巻きが美味しい。

    この週末は相方が別舞台本番で地方に出ているので1人自主練です。
    いつもと違う環境だからか、けっこう集中してます。

    相方はとてものんびりお酒を飲む。そしてあまり食べない。きっと少しだけ珍しいタイプの韓国人なのだと思う。
    相方が戻ってきたら美味しい屋台に連れていってもらおうかと考えています。

     

    韓国にいます

    • 2014.09.23 Tuesday
    • 09:45
    こんにちは、井上です。

    久しぶりの書き込みです。これからそんなに多くはないと思いますが、コンスタントに書き込みしようと思います。
    なぜなら今私は韓国にいるからです。

    今年の2月横浜ダンスコレクションにて奨励賞をいただき、ソウルダンスコレクション受賞者との共同制作の仕事をいただき、
    その為に21日から韓国に来ています。

    宿舎はアーティストのレジデンス用の施設で、到着初日の夜は寝ていると激しいドラムプレイが聞こえてきました。
    ベッドのマットレスが異常な堅さ。眠ろうとしても跳ね返されているような錯覚をおこします。
    今回ご一緒するサンフン氏にその旨伝えると、韓国の人はあまりベッドは使わないらしい。

    独りで電車も乗れるし、町をお散歩もするけど、独りで食事処に入るのにはまだ抵抗があり、目下の目標です。
    だって、メニューが読めないんだ。。。

    今回ご一緒するサンフン氏とは22日に会いました。海外の人との初対面は緊張しましたがとても物腰の柔らかい方でした。
    その日は午前中打ち合わせやお互いのことについて話しました。好きな映画や音楽やなぜ好きか、興味があることについてなど、
    どこでもコミュニケーションとるにあたってやることは同じです。そしてこれがとても大切な作業でもあります。
    そのあとは昼食(ビビンパ)に連れてってもらったり、明洞(ミョンドン)に連れてってもらったりして1日で本当にたくさんのことをしました。
    韓国でも日本の漫画はとても人気で、サンフン氏も大好き。
    僕がオススメの漫画をプレゼントしようとしたらその漫画全部知っていた。すごい。
    「寄生獣」も知っていたし、何よりも僕の大好きな「エンジェル伝説」を知っていたから驚いた。日本人でも知らない人多いのに、とても趣味が合う。


    今日から本格的にリハーサルが始まります。
    宿題もできたし、話す、動く、食べる、飲む、などして、2人で作品作りに臨みます。

    日本から離れた。
    ああ、今のところちょっと楽しい。